TAKE OFF マジックタンク取り付け

今の車、加速する時に「ウオン、ウオン」と音が聞こえる時があります。

調べてみると、「VSV」が作動する時に脈動が起こり、ウエストゲートバルブが小刻みに開閉し不快な音が生じてるとのこと。

この脈動は不快な音だけでなく、スムーズな加速が出来なかったりパワーロスしたりするとか。


今まで乗ってた車にはVSV付いてなかったので初めて知りました。


スズキだとVSV付きの車には、脈動対策に「WGVチャンバー」という物が付いているのですが、ダイハツには付いてないと。

やっぱりダイハツ駄目やな。


なので、スズキのWGVチャンバーを取り寄せて付けている人が多いらしいです。


で、このWGVチャンバーと同じ仕組みの強化パーツがTAKE OFFのマジックタンク というパーツとの事で付けてみました。

f0100844_20162642.jpg


取り付けは簡単でした。

このパーツにはブースト調整機能が付いてて、1.2までブースと圧を上げました。

というか、これ以上上げたらブーストカットが起こったので、現状ではここまでしか上げれません。



効果は不快な脈動がなくなりました。

体感では「遅くなった??」と感じました。

なので、いろいろ表示できるレーダー探知機で各種数値を見て、もう一度ノーマルに戻し数値を比べてみました。


で、比較すると、やっぱりこのパーツ付けた方が速くなってました。

ただ、加速Gのかかり方が、パーツ取り付け後はスタート直後から伸びてるのに対し、ノーマルでは最初はもたつきその後伸びてました。

なので、ノーマルでは途中からググーっときてたのが無くなったので遅く感じたのかなぁ。

ブーストもより低回転からかかるようになって圧も高くなってるし。


取り付けた効果として、ターボ車よりNA車っぽくなったようです。



[PR]
by pizza_x | 2015-09-15 20:17 | | Comments(0)
<< JAF岐阜道の駅スタンプラリー制覇 ハイドラはじめました >>