人気ブログランキング |

ミニッツ RMLボディ用リアサス Ver1.0

ミニッツのRMLボディ、いわゆるカウンタックやフェラーリ等のリア部分が低くピッチングダンパーが取り付けられないボディです。
モーターマウントのRMLとはまったく別の事。

f0100844_23382357.jpg
こんな風にカタログ等でRMLと表記してあるボディです。
で、このボディはピッチングダンパーが付けられないのでAWDのMA-020で走らせてました。
が、やっぱり後輪駆動で走らせたいのでなんとかMR-03でやってみました。

今回も
guruguruminizのブログさんでいろいろな方法が紹介されてるので参考にしました。
参考になる事いっぱいですし面白いので毎日拝見してます。

うちの場合はボディの都合でホイールベースをMとLに変えれる様にする必要があるので、その辺を考えながらうちにあるパーツで組んでみました。
f0100844_23382723.jpg
ピッチングダンパーをボディに当たらない位置にする為に、ミニ四駆のFRPプレートを切断しそれをリア側に付けて、そこにAWD用ダンパーを付けました。
ロールダンパーはMR-01用、これはMとLに変えれるので使えるかなと。
しかしこのロールダンパー、スプリング付いてるだけでフリクション効果全く無いですね。

f0100844_23383011.jpg
とりあえず、ブラシモーターASF仕様で組んでみました。

f0100844_23383307.jpg
この仕様でカウンタックにもフェラーリF355にもディノ246にも、ボディに当たらず可動しました。

f0100844_23383681.jpg
簡易コースを設置してテスト走行しました。

結果は全然駄目でした。
ピッチングは良さそうですがロール制御が全然駄目で、フリクションプレート無しのRMみたい。

f0100844_23383942.jpg
なので、ロールダンパーにアンチウエアグリスを詰めてみました。
手で動かした感じではちゃんとフリクション効果ありました。
で、テスト走行したらかなりロール方向が良くなり、リアが安定しました。
ですが、フリクションプレート付きのRM並みぐらいなので、まだまだ改良が必要です。
それに詰めただけのグリスの耐久性があんまり無さそうな感じなので。
f0100844_22553680.jpg

他のロールダンパーみたいにスプリングを外してみました。
これは不安定になって駄目でした。
現状はスプリング有りで、AWグリス入りが一番良かったです。

とりあえずこれはVer1.0という事で、ロールダンパーを何とかしようと思います。





にほんブログ村


by pizza_x | 2018-09-26 23:01 | ラジコン | Comments(0)
<< ミニッツ ボディ収納 9/24 マイホームサーキット... >>