シンキョウカプラー開放防止策

シンキョウカプラー&カトーカプラーNって走行中に連結が開放することがたまにあります。
で、貸しレに行く時は開放防止にTNと連結するようにしてましたが、最近近所の店でTNが売り切れたままで入手できません。
そこで、シンキョウに開放防止策を施してみました。

開放するのはカプラーが上下にずれてかみあわせが外れる為ということはわかってますので、上下方向にずれないようにすれば開放しないはずです。

そこで、カプラーの裏側(下側)に0.2㎜の透明プラバンを貼りました。
カプラーの凹の部分に爪の先が引っかかるように張ります。
f0100844_21341261.jpg

透明プラバンに爪があたり、爪側のカプラーは下には動かなくなります。
両方のカプラーにプラバンを貼る事で、両方共下には動かなくなり、結果上にも動かなくなります。
これで、上下方向に動かなくする事ができました。
f0100844_21372596.jpg

段差や傾斜などを作り、ノーマルシンキョウで走行させ開放してしまう事を確認して、加工したシンキョウに交換して走行させましたが、全く開放しませんでした。

ただ、見た目が多少悪くなりましたので、色さしするなりして多少でも目立たなくした方が良いですね。
上から見るとこんな感じです。プラバンがちょっと見えてしまいます。
f0100844_2143287.jpg

この策はカトーカプラーNにも応用できそうです。
[PR]
by pizza_x | 2006-10-07 21:51 | 鉄道模型 | Comments(2)
Commented by i-qss at 2006-10-07 22:29
pizza_xさん、こんにちは。
いやー、なんか、目から鱗、って感じですね。
簡単でしかも確実。これは良い方法だと思いました。
早速ウチの20系客車にも応用してみます。
特定のカプラーが良く外れてしまうんです。。。
Commented by pizza_x at 2006-10-08 22:12
タカさん、こんばんは
カトーカプラーでは試していませんが、構造が同じなので使えると思います。
今のところ不具合はでてませんが、どうでしょうか。
<< 鉄道の日記念きっぷ行脚・2回目... はつかり、その2 >>