2007年 08月 14日 ( 1 )

KATO EF510 脱線対策

先日購入したカトーのEF510、ローフランジで脱線するとは聞いていましたが、ほんとに脱線酷いですね。
うちで走行させたときもよく脱線しましたが、「まあ貸しレで脱線しなけりゃ良いか」と思ってそのまんまにしてました。
ところが昨日、和でもポイントで何度か脱線しました。
ポイント通過時だけ気をつけて操作すればちゃんと通過できますけど。

今度、実車が夢空間北斗星牽引で話題のEF510、うちの夢空間牽引とかにも使いたいので、脱線対策を考えてみました。


脱線原因は車輪にあると思われますので、車輪交換を考えてみました。
f0100844_23132997.jpg

同じカトーのEF210が使えそうです。
台車をばらして部品を比べてみました。
EF510とEF210では多少寸法に違いがありまして、車輪だけ交換とか、台車ごと交換というわけにはいかないですね。
f0100844_23163279.jpg

車輪を見てみると、幅が違います。EF510の台車にEF210の車輪を付けると台車枠があたってしまい付けられません。
台車の中の動力ユニットに付く部品は逆にEF510の方が幅が広く、EF210の台車が付きません。
f0100844_23181722.jpg

なので、EF210から台車枠と車輪を移植することにしました。
f0100844_2321163.jpg

テスト走行したところ、前までは確実脱線したようなとこでも全く脱線しなくなりました。
f0100844_23223797.jpg

台車枠の色違いもそんなに気にはならないです。
これで脱線地獄から開放され、安心して夢空間北斗星が牽引できます。

部品を取られたEF210はASSYで部品を調達するまで動けません。
EF210はトミックスのが2両あるので、動けなくても大丈夫でしょう。
[PR]
by pizza_x | 2007-08-14 23:29 | 鉄道模型 | Comments(8)